カラコンの種類、製法とは?

カラコンの種類は、色を除いていくつかに分かれています。
その分類の仕方は、主にカラコンの製造方法で分けられているんですが、
ここではそれぞれどのような特徴があるかを説明していきますので、読んでみてください。

 

サンドイッチ製法

これは、名前の通りなんですが、コンタクトレンズを二層にして、その間に色を着色するものです。
カラコン業界では主流となっていて多くのカラコンがこの製造方法で作られています。

 

この製法のメリットは、カラコン着色部分が直接目に入らないことです。
一昔前のカラコンは着色部分が直接目に触れていたため多くの事故がおきてしまいました。
その失敗を元につくり出されたのがこの製法です。

 

セミキャスト製法

これは、原理的にはサンドイッチ製法と同じなんですが、サンドイッチ製法のデメリットをなくしたのがこの製法の特徴です。
サンドイッチ製法は、色素をレンズではさむことによって若干普通のレンズより厚くなってしまい、
着用時に違和感を感じる方がいます。それに酸素透過率も低くなってしまいますので、そこがデメリットとされてきました。
しかしセミキャスト製法は、2枚目のレンズを特殊なポリマー素材に変えているためサンドイッチ製法より薄くなっている作りです。
この製法もサンドイッチ製法と同じくらい使われています。

 

スピンキャスト製法

これの製法はまだあまり使用されていませんが、革新的な製法として注目されています。
原理としましては、回転している機械に原料を流し込んで形を整えて作るのですが、多分あんまりイメージわかないかと思います。
これは、デメリットがあり、他の製法と違いレンズに直接色を着色していくため、低品質な商品を買うと色素が目に流れ込み
大変なことになる可能性もあります。
最近は技術の進歩でほとんどありえないことですが、そういったこともあるということを頭に入れておいてください。